ソリトン・コム 札幌 北海道 SRシリーズ冬期路面 凍結路面 維持 管理 対策 凍結防止 防氷剤 散布装置 AIスキャッター ロードヒーティング カスタマーサポート メンテナンス

HOME >防氷剤路通について

防氷剤路通

一般的に使われている防氷剤には、今いろいろな問題が浮かび上がっています。

塩化ナトリウム
〈塩化物系〉

【メリット】
融雪量大、持続性あり、安価
【デメリット】

即効性低い

金属腐食

車への損傷

生・植物に悪影響

塩化カルシウム
〈塩化物系〉

【メリット】
即効性あり、安価
【デメリット】

持続性なし

再凍結

金属腐食

車への損傷

生・植物に悪影響

尿素
〈非塩化物系〉

【メリット】融雪効果、凍結防止、金属腐食なし、安価
【デメリット】

融氷効果低い

藻・異臭発生

生・植物に悪影響

一般道路・橋梁・寒冷期の土木工事・コンクリートの耐寒剤・一般住宅など、凍結対策に高い効果!

路通と各種防氷剤の特性値比較

  イオン
モル数
凍結温度
融雪量比率 金属腐食
30分後 60分後 3時間後
路通 1.47 -2.73 1.39 1.17 0.94 0.03
塩化ナトリウム 1.71 -3.18 1.00 1.00 1.00 1.00
塩化カルシウム 1.02 -1.89 1.52 1.09 0.72 1.32
尿素 0.84 -1.56 0.58 0.40 0.39 0.24
※イオンモル数および溶液凍結温度は、氷の厚さ1mm の凍結路面に顆粒凍結防 止剤を50g /m2散布した場合の値
※融雪量は凍結温度に比例 
※イオン化速度により融雪速度が変化
※カルボン酸系のイオン化は複雑です
※塩化物は、ウェットシャーベットと氷の間に溶液で滑りやすい 
※凍結防氷剤は、イオン結合の分子がイオン溶液になって氷を融解する

「路通」の4 大効果!

  • ・塩素化合物ができないため塩害が起こらない
    ・生物・植物等の自然環境への影響がほとんどない
    ・金属・鋼材などの腐食・サビなどを抑制

  • ・塩化カルシウム並みの〈即効性〉
    ・塩化ナトリウム並みの〈融雪量〉

  • ・即効性、融雪量、持続性が高いため散布量・散布回数を少なくでき、
     散布費を軽減
    ・貯蔵や作業管理が容易。不要な散布を防止
    ・鋼材の腐食が少なく、修繕・維持費などを抑制

  • ・凍結路面をドライシャーベット状にするので、制動力が高まり
     安全性が向上

    ※現行の散布機械や自動散布装置に使用できます

  • 【 適用場所 】

    • ・一般道路
    • ・農場・漁場付近の道路
    • ・鋼構造施設の多い道路、橋梁
    • ・寒冷地の土木工事
    • ・環境保全地域の道路
    • ・寒冷地におけるコンクリートの耐寒剤

    一般のご家庭でもご使用いただけます

  • 【 使用方法 】

    ・通常使用している防氷剤散布装置を使用します。
    ・一般的な防氷剤と同じような効果があるので、融雪散布や凍結防止散布工法に
    使用します。
    ・降雪後に散布する融雪散布工法の場合、積雪深にもよりますが通常100g /m2
    程度以上を散布します。
  • 【散 布 量】

    ・降雪前に散布する凍結防止散布工法では、50g /m2を散布。
    ・計画的散布の場合は30g/m2 程度を散布。
    ※地域にあった適切な散布量を決めるまでは多めに散布してください。
  • 【形状・成分】

    路通 DG 形状:顆粒( 粒径 5mm 以下)
    重量:900kg /m3
    成分:カルボン酸系(R -COOH )
    荷姿:1t、250kg フレコンパック 散布車渡し 袋詰め20kg
    路通 R L 形状:液状
    比重:1.15
    荷姿:1000Lタンク

お問合せはこちら

前のページへ戻る
凍結防氷剤路通
路面滑り抵抗測定装置について
サポート・お問合せ