冬の道を雪や氷から解放する
道路管理の頼もしい味方

防氷剤

防氷剤とは防滑材の一種です。氷点温度を降下させて氷盤を破壊、または融解させるものです。氷点降下剤(寒剤)と言われます。

防氷剤の分類

大きく分けて2種類に分けられます。それぞれの特徴を理解した散布方法が効果的です。

凍結防止剤
降雪前に散布し凍結を防止する。氷盤を防止し、滑り抵抗を増加させる。雪氷の路面付着を防止する。残留効果が長い。
融雪剤
降雪後に散布し、氷盤を融解して滑り抵抗を増加させる。路面は露出するが、感想しないと再凍結がおこる。

ソリトン・コムの防氷剤

ソリトン・コムの防氷剤は、使用目的や路線の特性と総合的な経済性を考慮して、酢酸系、塩化物系の中から選択できます。

通常、環境の影響が大きい場合には酢酸系を、その他の路線では環境水準に応じて混合した塩化物系を使用します。道路用の防氷剤には、主として塩化ナトリウム(Nacl)や塩化カリウム(Caci2)等の塩化物が融雪剤として用いられてきました。しかし、塩素化合物は道路や建物のコンクリート、橋梁、車両の金属等に悪影響を与え、また植物や水、土壌環境への影響もあることから、その改善が求められてきました。そこで開発されたのが環境に優しい成分の防氷剤。建築構造物や環境への影響を改善した優れた防氷剤です。

TOPに戻る