ソリトン・コム 札幌 北海道 SRシリーズ冬期路面 凍結路面 維持 管理 対策 凍結防止 防氷剤 散布装置 AIスキャッター ロードヒーティング カスタマーサポート メンテナンス
HOME > 冬期路面維持管理製品 >ロードヒーティング
ロードヒーティング
ソリトン・コムの路面維持管理体系図
施設系−消融雪設備−無散水に対応

ソリトン・コムのロードヒーティングシステム

雪の特性と道路の性格を考慮したロードヒーティングシステム。
システムの研究、開発から安全性・機能性を追及したロードヒーティングシステムをプランニングします。


ロードヒーティング3つの方式と特徴

1.電気ロードヒーティング

自己制御発熱体(TSC)、または路面に電気発熱線を埋設し、電気エネルギーによって雪・凍結路面を融かします。

特徴 1.設備が簡単でコンパクト
2.規模の大きさに関係なく設置できる
3.平面形状に融通性がある
4.電力の積雪料金体系が整っている
5.路面状況に応じた比例制御が困難
6.熱エネルギー効率が低い

2.温水ロードヒーティング

路面に埋設したパイプに、灯油、都市ガス、プロパンなどのボイラーによって温めた、地下水や不凍液を循環させ雪・凍結路面を融かします。

特徴 1.エネルギーの交換効率が良い
2.省資源型のシステム
3.地熱水など他の熱源と併用できる
4.平面形状が制限される
5.融雪の均一性に欠けることがある

3.ヒートパイプロードヒーティング

路面にヒートパイプを埋設し、電気やボイラーのエネルギーによって雪・凍結路面を融かします。

特徴 1.各種の熱源を利用できる
2.パイプでの熱変換効率が良い
3.自己温度制御作用がある
4.パイプの故障が波及しない
5.たわみ性舗装での利用には舗装の厚さに制限がある
6.平面形状が制限される

温水と電気ロードヒーティングの比較表

方式

熱源

熱輸送および
ロードヒーター

イニシャル
コスト
(円/平方メートル)

ランニング
コスト
(円/平方メートル・冬)

備考

温水

 

 

灯油ボイラー

温水環境放熱管

52,000

1,620

ボイラータンクの設置場所が必要。
燃料補給が頻繁で管理に劣る。

都市ガスボイラー

温水環境放熱管

54,000

2,180

都市ガス給油管が敷設されていることが必要条件。燃料の供給、管理が楽。
地下埋設型ボイラーの開発で狭い歩道にも設置が可能。

空気ヒートポンプ

温水循環ヒートパイプ

95,000

2,010

廃熱回収設備(採熱部)の開発が急がれる。
熱交換器のコストダウンが急務。
イニシャルコスト低減策として、ヒートポンプと電気ヒーターの併用が考えられる。

電気

 

電気発電線

発熱線

49,000

3,960

きめ細かな制御(4要素通電率)が条件。
維持管理に優る。
トラブルが少ない。

STC発熱帯

発熱帯

55,000

2,770

高発熱タイプ。
自己温度制御型。
維持管理が容易。
省エネタイプ。

カタログPDFを見る

 

サポート・お問合せはこちら

前のページへ戻る


冬期路面維持管理製品
冬期路面維持管理
について
さまざまな路面管理方法
冬期路面維持管理機器
ラインナップ
ファールチョービン
散布機
定置型防氷剤散布装置
AIスキャッター
ロードヒーティング
防氷剤について
防氷剤ラインナップ
防氷剤比較表
サポート・お問合せ